日本の山水 口コミ評判|始める前に知るべき事を徹底調査!

 

日本の山水って?その仕組みや料金体系など

ブランド(運営会社) 日本の山水(株式会社USEN)
簡単な特徴 天然水・デザイン性が高い・ワンウェイボトル
各種サーバーと機能 【ウォーターサーバー】

スリムサーバーIII(ショートタイプ)

カラー:ピュアホワイト・プラチナシルバー・ベビーピンク・プレミアムブラック

サイズ:高さ:824mm × 幅:270mm × 奥行:366mm(ボトルカバー・トレー含む)

重量:16.2㎏

タンク容量:冷水2.4L・温水1.35L

温度:冷水約6℃・温水約85℃

機能:冷温水チャイルドロックボタン・冷温水チャイルドロックボタンカバー・ダブルロックカバー・エコモード・温度過昇保護装置(バイメタル)

③amadanaスタンダードサーバー

カラー:ブラック・ホワイト・ブラウン

サイズ:高さ:1,326mm × 幅:270mm × 奥行:330mm(ボトルカバー・トレー含む)

重量:17.8kg

タンク容量:冷水2.2L・温水2.0L

温度:冷水約6℃・温水約87℃

機能:冷温水チャイルドロックボタン・温水スライドロック・コックカバー・温度過昇保護装置(バイメタル)

初期費用 初回登録費用…事務手数料3,000円
ボトル代・サーバー代・電気代など ○ボトル代

12L 1,980円で2本から注文可能(2本で3,960円)

○サーバー代

サーバーレンタル費用…0円

○電気代

スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)…通常時:約790円円/月・エコモード使用時:630円(21円/日)

③amadanaスタンダードサーバー…約1,060円(35円/日)

解約(違約金や撤去費用など) プランは3年プランのみで、3年以上の契約で解約金0円。

ウォーターサーバーを設置した日の月末から3年未満の解約の場合、15,000円の解約手数料が発生。

※料金は税抜表示

SNS・ネットの評判|amadanaスタンダードサーバーの評価は?

https://www.instagram.com/p/CJxIuA4szt0/?utm_source=ig_web_copy_link

amadanaウォーターサーバーは、とにかく見た目がおしゃれ!と人気のサーバーです。

プラスチック感がなくカラーもツヤがあり高級感の感じられるデザインですので、おしゃれな人ほどamadanaウォーターサーバーを選ぶ人が多いようですね。

「自分の部屋にamadanaウォーターサーバーが合うか分からない」と悩んでいる人は、iPhoneでウォーターサーバーの試し置きが体験できるARサービスを行っているため是非試してみてくださいね!

https://www.instagram.com/p/CCgNjTODT_6/?utm_source=ig_web_copy_link

天然水は3種類から選ぶことが出来るので、(選ぶ天然水によっては送料がかかります)天然水の味にこだわりがある人は特に嬉しいですし、つい飲み過ぎちゃいますよね。

また、ウォーターサーバーを取り入れると子どもが自然と自分から水分補給をしてくれるようになった!という口コミも多くあることから、家族の健康のためにも子どものいる家庭には得におすすめです!

もちろんサーバーにはチャイルドロック機能があるので子どものいたずら防止と全然対策は大丈夫です。

amadanaウォーターサーバーでは温水だけでなく冷水にもチャイルドロックボタンがあり、チャイルドロックボタンとチャイルドロックカバーもあるので2重に安心ですよ!

https://www.instagram.com/p/CDSfReUneY2/?utm_source=ig_web_copy_link

ウォーターサーバーがあると、お水もお湯も使いやすくなるので今まで以上に水分補給しやすくなりますよね。

また、日本の山水では天然水の美味しさも高く評価されています。

「天然水が美味しすぎてお水を飲む量が増えた!」という口コミや「ウォーターサーバーのお水が美味しくて、外食した際に出されるお店のお水が不味く感じるレベルになった」という口コミも見られるほどですのでお水の味は心配ないでしょう。

https://www.instagram.com/p/B_ho1IFgEGk/?utm_source=ig_web_copy_link

日本の山水の天然水は赤ちゃんやペットが飲んでも問題ありません!

ウォーターサーバーならお湯がすぐに使えるので赤ちゃんのミルク作りも簡単にできますね。

また、健康維持のためにお水が必要であることは人間も動物も同じです。

水道水ではなくウォーターサーバーのお水をペットの飲水に変えたところ、ペットの体臭やおしっこのニオイが軽減された!という口コミもありますので大切なペットの健康維持のために是非お水も見直してあげてくださいね!

メリット・デメリットは?

メリット ・天然水を選べる

・ウォーターサーバーがおしゃれ

・卓上型のサーバーがある

・空ボトルを保管場所が不要

デメリット ・配送料がかかる

解約料金が発生する・契約期間の縛りが長い

・初期費用がかかる

・電気代が高い

メリットについて

○水の種類が選べる

天然水にこだわりがある人、色んな天然水の味を試してみたい!という人にとって天然水が選べるというのは大きなメリットではないでしょうか。

日本の山水で扱っている天然水の種類は以下の通りです。

①富士山の銘水…口当たりが柔らかく、スッキリとした味わいです。

お茶や、お酒と相性がよく風味を引き立ててくれます。

(無料配達エリア)

宮城県 福島県 山形県 茨城県 栃木県 群馬県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 山梨県 長野県 新潟県 静岡県 三重県 愛知県 岐阜県 石川県 福井県 富山県

②金城のしずく…温泉地帯にある美人の湯がろ過された天然水のため、美容効果が期待できます。また、ミネラルが豊富なのでダイエット中、スポーツをしている人におすすめです。

(無料配達エリア)

大阪府 兵庫県 京都府 奈良県 和歌山県 滋賀県 山口県 岡山県 広島県 島根県 鳥取県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

③阿蘇の湧水…日本銘水百選のひとつ白川水源でもあり、ミネラルがバランス良く含まれているため口当たりがよくて飲みやすく「美味しい」という声が最も多い天然水です。

(無料配達エリア)

山口県 岡山県 広島県 島根県 鳥取県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

また、天然水の種類は電話で変更が可能です。

○ウォーターサーバーがおしゃれ

日本の山水のウォーターサーバーはとにかくおしゃれ!

「ウォーターサーバーのデザインに一目惚れして契約を決めた」という人も少なくはありません。

他社ウォーターサーバーでは、本体のプラスチック感が強く出ているため「安っぽく見える…」と感じる人も多いようですが、日本の山水のサーバー本体は安っぽくみえない質感に作られており、注ぎ口までしっかりと作り込まれています。

また、カラーバリエーションも豊富でamadanaスタンダードサーバーのカラーは、ラック・ホワイト・ブラウン。

スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)のカラーは、ピュアホワイト・プラチナシルバー・ベビーピンク・プレミアムブラックとなっています。

お部屋やお店のインテリアにこだわりがある人、とにかくおしゃれなウォーターサーバーが欲しい!という人に特におすすめです。

また、見た目の良さなどデザインも重要なポイントですが使い勝手も非常にいいのが日本の山水のウォーターサーバーの特徴です。

ウォーターボトル交換タイプの他社ウォーターサーバーを使ったことがある人なら何となく分かるかと思いますが、ボトル交換タイプのウォーターサーバーはボトルのお水が少なくなるとお水がチョロチョロ…と少量ずつ出てスムーズに給水できないことがあります。

そのため、お水がなくなりかけのときはちょっと大きめのコップにお水を注ぐ場合はお水が欲しい量まで溜まるまでに時間がかかり少しストレスに感じます。

しかし、日本の山水のウォーターサーバーは、amadanaスタンダードサーバーもスリムサーバーⅢもボトルのお水がなくなりかけの頃でもスムーズに排出できるよう設計されているため、いつお水を注いでもストレスなく給水ができます。

ウォーターサーバーは毎日使うものですので、こういった小さなことでもストレスなスムーズに使用するための大切なポイントとなります。

○空ボトルを保管場所が不要

日本の山水のウォーターボトルはワンウェイ式(使い捨て)タイプです。

ワンウェイ式ボトルの最大のメリットは空ボトルを家庭ごみで出せるので保管しなくてもいいということですよね。

使い捨てではないタイプのガロンボトルの場合、ボトルを洗浄・消毒後に再び使っているため次回のお水配送時に空ボトルを回収してもらいます。

そのため家の中には常にストックのボトルと空ボトルがある…という状態になり、これが結構場所をとるので邪魔!部屋のスペースがそのぶん狭くなりますし、掃除がしずらくなりますし割とストレスに感じる人は多いです。

ワンウェイ式のボトルであればお水が無くなれば家庭ごみで捨てられるので、こういった小さなストレスを感じなくてすみますし、衛生的です。

デメリットについて

○配送料がかかる

日本の山水は、選ぶ天然水によって配送料が発生します。

他社ウォーターサーバーでは配送料0円という会社もあるためデメリットといえるでしょう。

天然水の種類に特にこだわりがない人は配送料が発生しない天然水を選ぶといいでしょう。

日本の山水の配送料は以下の通りです。

富士山の銘水 金城のしずく 阿蘇の湧水
北海道 200円 800円 1,000円
青森・秋田・岩手 200円 600円 800円
宮城・福島・山形 0円 600円 800円
茨城・栃木・群馬 0円 400円 600円
東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨 0円 400円 600円
長野・新潟 0円 200円 400円
静岡・福井・富山 0円 200円 400円
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
100円 0円 400円
山口・岡山・広島・島根・鳥取
200円 0円 0円
徳島・香川・愛媛・高知
200円 0円 0円
福岡・佐賀・長崎・大分 200円 100円 0円
熊本・宮城・鹿児島 200円 100円 0円

○解約料金が発生する・契約期間の縛りが長い

日本の山水のプランは「3年プラン」のみです。

ウォーターサーバー設置してから3年以上経過していれば解約金は0円ですが、他社ウォーターサーバーの契約期間を確認してみると1年~2年が多く、中には契約期間の縛りがない会社もあり、3年の縛りというのは少し長く感じますよね。

ウォーターサーバーは基本的に長く続ける人が多く、1~2年で解約をする人は少ないですが、例えばお水の味が好みではなかった、サーバーのデザインが思っていたものと違った…などの理由で早期に解約をする場合は解約料金が発生してしまいます。

解約料金(15,000円)は他社と比較して平均的な料金ですが、3年以内で解約をすると余計なお金がかかってしまうので事前によく調べてから契約を検討しましょう。

また、解約後はウォーターサーバー返却する必要がありますが、サーバーの返却をしなかった場合、製品保証料30,000円が発生するため注意が必要です。

○初期費用がかかる

他社ウォーターサーバーでは初期費用0円というところが多い中、日本の山水では初期費用に事務手数料の3,000円が発生するというデメリットがあります。

そのため事務手数料の3,000円とボトル代が発生するため、2ヶ月目からは他社ウォーターサーバーの費用と変わりませんが、初期費用だけは他社よりも割高になるため「初期費用を抑えたい」という人は注意が必要です。

○電気代が高い

日本の山水のウォーターサーバーは電気代が高いというデメリットがあります。

得にデザイン性の高さで人気のamadanaスタンダードサーバーは、「見た目はおしゃれで可愛いけれど電気代が高い…」という口コミもいくつか見られます。

そのため「使い勝手やデザインよりも、電気代が安いウォーターサーバーが良い!」という人は注意してください。

電気代はamadanaスタンダードサーバーが月約1,060円。

スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)はエコモード機能が搭載されているのでamadanaスタンダードサーバーよりも電気代が安く、通常時は約790円円/月、エコモード使用時で月約630円となっています。

ちなみに、ウォーターサーバーの電気代の平均料金は使用状況などにより若干の差が生じますが、内部クリーン機能などが搭載されている電力消費量が高いタイプでは約1,000円/月。

比較的消費電力が少ないタイプなら約500円/月ほどですので、amadanaスタンダードサーバー、スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)は平均よりもやや電気代が高めですが、電気ポットの電気代は約900円/月ということを考えるとウォーターサーバーの方が消費電力を抑えることができます。

また、冷水を沸かして温水にするには多くの電力を消費しますので、沸かす回数や量によっては月に1,000円以上かかることもあります。

月に1,000円の電気代がかかるのであれば、ウォーターサーバーを設置しているのと変わりませんし、常に一定の温度に保たれた冷水や温水を利用出来る方が手軽ですね。

全機種(料金プラン)を比較!ボトル代と電気代はいくら?

プランは「3年プラン」のみで、サーバーレンタル料金はかかりませんので、毎月必要な料金はボトル代+電気代のみとなります。

それぞれのサーバーの電気料金は以下の通りです。

スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)…通常時:約790円円/月・エコモード使用時:630円(21円/日)

③amadanaスタンダードサーバー…約1,060円(35円/日)

スリムサーバーⅢはエコモード機能が搭載されているため、amadanaスタンダードサーバーよりも電気代を抑えることができます。

そのため「電気代を少しでも抑えたい!」という人はスリムサーバーⅢを選ぶといいでしょう。

次にボトル代(お水代)を見ていきましょう。

天然水の料金は1本(12L)で1,980円。(500mlあたり83円)

注文は2本単位から偶数単位で可能ですので、毎月2本ボトルを注文した場合の料金は12L×2で3,960円です。

また、配送料は一部地域を除き無料となっていますが、選ぶ天然水の料金によって送料がかかります。

場所を取らないショートタイプ(卓上型)の【スリムサーバーⅢ】も◎

日本の山水のウォーターサーバーは2種類あり、デザイン性の高いamadanaスタンダードサーバーも他社サーバーと比較してもかなりスリムなサイズなので人気ですが、スリムサーバーⅢのショートタイプは卓上型なので「ウォーターサーバーを設置したいけれど場所をとるのはイヤ…」「ウォーターサーバーを設置する場所がない」という人おすすめです。

サイズは高さ824mm × 幅270mm × 奥行366mm(ボトルカバー・トレー含む)とさらにコンパクトですので設置場所に困りませんし、エコモード機能が搭載されているためamadanaスタンダードサーバーよりも電気代を抑えることができます。

また、デザインも高級感のある仕上がりとなっているためテーブルの上などに設置してもお部屋の雰囲気を壊しません。

配送ペース最大2カ月までスキップできるから金銭負担が減る!

定期配送の場合、お水を飲み切る前に次のボトルが届いてしまいどんどん溜まっていく…ということがありますよね。

日本の山水でも定期配送なのでまだお水が消費しきれていなくても次のボトルが自動的に届きます。

ただ、ボトルストックが貯まってしまった場合はマイページ(または電話)から24時間配送休止受付を行っており、最終配送から最大2ヶ月まで無料で配送ストップをしてくれるのでお水が飲みきれず溜まってしまっても安心です。

ひとり暮らしの人や、自宅で過ごす時間が少なくてお水の消費量が少ない人の場合は得にボトルが溜まりがちですので上手に配送スキップのサービスを使うことで節約にも繋がります。

例えば、日本の山水のお水の購入ノルマは月に2本です。

毎月2本ボトルを購入すれば、1年間の購入本数は24本ボトルになりますが、1ヶ月おきに配送スキップをすると1年間に購入するボトル数は半分の12本になります。

このように上手に自分のペースでお水を消費できるように配送スキップをすることでお水を無駄にすることを防げます。

ただし、配送ストップは3ヶ月目から月880円の休止手数料が発生してしまうので注意してください。

また、配送ストップの申請期限は、お届けの7日前までとなっているため「お水が貯まってきたな」と気がついたらなるべく早めに手続きをしておきましょう。

また、配送ペースは3パターンから選ぶことができます。

  • 毎週~2週間ペース
  • 3週間ペース
  • 4週間ペース

注文は2本以上の偶数単位でしか注文できないため、ボトルの注文本数が多い家庭の場合はストックボトルの置き場所が必要になるので、ボトル置き場の場所を確保出来ないのであれば毎週2本ずる届くようにするなど調整が必要です。