信濃湧水 口コミ評判|契約前に必要な情報を徹底調査!

 

信濃湧水って?その仕組みや料金体系など

ブランド(運営会社) 信濃湧水(株式会社トーエル)
簡単な特徴 天然水・ワンウェイ式・低コスト
各種サーバーと機能 ①エコサーバー

サイズ:横幅31 × 奥行33 × 高さ100(cm)・ボトルセット時の高さ:130cm

重量:17㎏

水温:冷水約4℃~10℃・温水約80℃~85℃

消費電力:冷水95W・温水260W

無料メンテナンス:4年に1度

機能:温水、冷水機能・ダブルチャイルドロック・自動クリーニング・ecoモード

注水口タイプ:電子ボタン式

②スタンダードサーバー

サイズ:横幅27 × 奥行37 × 高さ100(cm)・ボトルセット時の高さ:130cm

重量:15㎏

水温:冷水約4℃~10℃・温水約80℃~85℃

機能:チャイルドロック

消費電力:冷水80w・温水300W

無料メンテナンス:2年に1度

注水口タイプ:手動蛇口式

初期費用 初期費用:0円
ボトル代・サーバー代・電気代など ①エコサーバー

サーバーレンタル料金:300円

②スタンダードサーバー

サーバーレンタル料金:0円

解約(違約金や撤去費用など) 契約期間はありませんが、設置1年以内にサーバー引き上げを行った場合は10,000円の解約事務手数料が発生。

※料金は税抜表示

SNS・ネットの評判|インスタからわかった事

https://www.instagram.com/p/BrHNudDAPeB/

カラーバリエーションが少ない…というデメリットがありますが、ウォーターサーバーはシンプル&コンパクトなデザインですので比較的どのお部屋、お店にも馴染みやすいデザインに設計されています。

また、ウォーターサーバーにはチャイルドロック機能が搭載されているので「子どもがイタズラしないか心配」「温水でヤケドをしないか心配」という家庭でも安心して使うことができます。

他社ウォーターサーバーではボタンの長押しでチャイルドロック解除というものもあり、長押しで解除できるのは大人が使用する際は片手で解除でき手軽ではあるのですが、うっかり子どもが解除してしまう…というリスクが高く危険です。

信濃湧水のエコサーバーのチャイルドロックの解除方法は、ボタンを押しながらスイッチをスライドさせるという仕組みなので何かの拍子にうっかりチャイルドロックを解除される可能性は低いでしょう。

さらに、お水が出るボタンの位置は小さな子どもの手が届きにくいようにサーバーの上部に設置されているため2重で安心です。

ただし、スタンダードサーバーの場合はチャイルドロックは温水のみとなっています。

チャイルドロック解除方法は、スライドカバーを開けて中にあるボタンを押しながら注水口レバーを押すと温水が出るという仕組みですが、ボタンに手が届けばお水を出すことは可能なので、イタズラをしてしまう心配がある場合はエコサーバーの方をおすすめします。

https://www.instagram.com/p/B7UxCxMgEhm/?utm_source=ig_web_copy_link

ペットの健康維持のためには、人間と同じように飲料水にも気を使う必要があります。

ミネラルの過剰摂取は尿路結石の原因になることから、ペットの尿路結石症のリスクを減らすためミネラル含有量の少ない軟水が適しています。

信濃湧水のお水は硬度16の超軟水(ph7)であることから、ペットの飲水としても最適!

大切なペットのためにも、安心で安全なお水を与えることができるのでペットを飼っている人にもおすすめです。

信濃湧水を選ぶ大きなメリットといえばお水の安さですよね!

天然水の料金が11.4Lで他社ウォーターサーバーと比較しても1,500円というのはかなりリーズナブルです。

実際に「お水は美味しいけれど毎月のお水代が高くてウォーターサーバーを長く契約できなかった…」という経験をしたことがある人は多いため、少しでも長く続けられるよう低コストであることは重要なポイントと言えるため、家族みんながお水をよく飲む、格安で天然水を飲みたいという人に信濃湧水は向いています。

また、購入ノルマがないので自分のペースで利用可能なのも嬉しいポイントです。

ひとり暮らしなど、お水の消費量が少ない家庭でも急いで消費をしたりボトルストックを溜め込むなど無駄がありません。

スタンダードサーバーならサーバーレンタル料が無料ですし、「低コストで美味しい天然水が飲みたい」「ウォーターサーバーを使用するのが初めてで、どのくらいお水を消費するか分からない」という人ほど信濃湧水はおすすめです。

メリット・デメリットは?

メリット ・天然水の料金が安い

・安全性が高い

・天然水が美味しい

自分のペースで注文できる

・シンプル機能で使い勝手がいい

デメリット ・場所によっては配送料が発生する

・サーバーデザインが少ない

・ボトル交換が大変

・最低注文数が多い

メリットについて

○天然水の料金が安い

信濃湧水の料金は11.4Lで1,500円と低コストです。

ウォーターサーバーを取り入れると、手軽に美味しいお水やお湯が使いやすくなることから「お水を飲む回数が増えた!」という人も多いです。

お水を飲む習慣を身につけるのは健康のためにも美容のためにも積極的に取り入れたいことですが、たくさん飲むほどボトル料金(お水代)が気になりますよね。

そのため、より長くウォーターサーバーのお水を飲み続けるためにはボトル代が低コストであることが大切なポイントです!

実際に「ウォーターサーバーのお水の方が水道水よりも美味しいのは分かっているけれど、ボトル代が高くて解約してしまった…」「予算オーバーしないように節約しながらお水を飲んでいる」という人は多いです。

信濃湧水の天然水は他社ウォーターサーバーの天然水と比較しても圧倒的に安いため、コスト面が心配な人には大きなメリットと言えるでしょう。

○安全性が高い

信濃湧水のお水は、北アルプスの矢沢水源とする天然湧水です。

天然水の場合、環境により水質が変わったり「不純物が混ざることがあるのでは?」などの心配がある人も多いようですが、信濃湧水は水源、採水したお水が持ち込まれる工場の周辺は密集した民家、工場のない大自然の中におかれた環境で、一般人の立ち入りが制限されているので、不純物が混ざるなど汚される可能性はありません。

生産されたボトルは全て48時間の水質試験などが行われ、自社内での検査とは別に毎月1回第三者期間で放射能物質を含む水質検査を実施。

もし、不合格なものがあれば同一ロットは全て廃棄するという徹底した品質管理を行っています。

さらに、お水を入れるボトルは、製造開始から密閉されるまで一切人の手が触れることがないオールロボット工程で行われていることから、かなり安全性の高いお水であることがわかります。

また、お水が入っているボトルはワンウェイ式という使い捨てタイプのボトルです。

他社ウォーターサーバーでは、ボトルを再利用している会社も多いため「ボトルの衛生面が心配…」と感じる方も少なくありません。

もちろん、再利用タイプのボトルは殺菌、消毒されたボトルを使用していますが空ボトルは次回配送時に持ち帰ってもらうため、それまで空ボトルを保管する必要があり、空ボトル置き場の確保にも困りますよね。

使い捨てタイプのボトルであれば空ボトル置き場を作る必要はありませんし、ボトルも新品なので安心!

衛生面を気にしている方にとっては水質、ボトルやサーバーの衛生面が徹底されている信濃湧水が向いているでしょう。

○天然水が美味しい

低コストでもお水がまずければ意味がありません。

味の感じ方には個人差がありますが、それでも信濃湧水の天然水は「飲みやすくて美味しい!」「本当の湧水を飲んでいるようで、ずっと飲んでいたいと思えるお水だ」という口コミが非常に多く見られます。

信濃湧水は、北アルプス爺ヶ岳にある「矢沢水源」のお水を使用しています。

日本人好みの味で、のどごしまろやかでスッキリとした味わいが特徴です。

日本の水道水の平均硬度は50㎎ですが、信濃湧水の硬度は超軟水の硬度16㎎とかなり硬度が低い事がわかりますね。

赤ちゃんのミルクを作るためにウォーターサーバーを取り入れるママは多いですが、硬度が高いお水は赤ちゃんの身体に負担をかける恐れがあります。

信濃湧水なら赤ちゃんの身体に負担をかけることはないので、子育て中のママにこそおすすめしたいお水です。

また、飲水としてだけではなく軟水は相性のいい料理が非常に多いのも特徴です。

軟水でご飯を炊くと、お米がふっくらとしますし、和食料理との相性は抜群!

煮物に軟水を使うと味がよく染み、具材が柔らかくなるので水道水のお水を使うよりも美味しく時短にも繋がります。

○自分のペースで注文できる

他社ウォーターサーバーでは、定期的にウォーターボトルが送られてくることが多いですよね。

さらに「1ヶ月に2本注文すること」というノルマがあるため、ひとり暮らしなどお水の使用量が少ない人の場合はどんどんお水が送られてきてストックのボトルが溜まってしまった…ということもよくあります。

お水が溜まった場合は定期配送ストップをすることも可能ですが、「2ヶ月連続でストップすると手数料1,000円」などと設定されている会社が多く余計なお金がかかることも…

信濃湧水の場合は、定期配送ではないので自分の好きなタイミングでお水の注文が可能!

そのためお水を飲み切る前に次のお水が届いてしまい、ストックのお水が必要以上に溜まってしまった…という無駄を避けることができますし、配送ストップの手続きなど面倒な手配をする必要はありません。

また、注文はWEBから(電話注文もOK)なので思い出したときに外出先からでも簡単に注文ができます。

○シンプル機能で使い勝手がいい

信濃湧水のウォーターサーバーの使い方は非常にシンプルです。

温水と冷水のレバーがあるだけなので、ウォーターサーバーの使用が初めての人や機械操作が苦手な高齢者の方でも簡単に操作することができるでしょう。

また、シンプルで簡単操作が可能なウォーターサーバーですが高機能であるという特徴があり、エコサーバーは電気代が他社ウォーターサーバーと比較しても圧倒的に安く抑えることができますし、自動クリーン機能が搭載されているため自分で見ることができないウォーターサーバー内部の衛生面を保つことができ安心です。

お水が無くなればボトル交換をする必要がありますが、ボトルは災害時用の飲料水として保管することも可能ですので万が一の際の備えもできますね。

デメリットについて

○場所によっては配送料が発生する

信濃湧水のお水の宅配は場所によっては配送料が発生します。

配送料0円という他社ウォーターサーバーも多い中、配送料が発生する地域に住んでいる方にはデメリットと言えるでしょう。

配送料は以下の通りです。

地域 配送料 注文可能本数
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城(一部)  無料 2箱
上記以外の本州(離島除く)
無料 1箱
北海道・四国・九州(沖縄、離島除く)
1箱につき459円 1箱

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城(一部)は、販売元であるトーエルからの配送なので配送料がかかりません。

上記以外の本州の場合は、宅配便でのお届けとなりますが送料は無料です。

そして、北海道・四国・九州(沖縄、離島除く)は宅配便でのお届けで1箱につき459円が発生します。

また、トーエル配送の場合は新しい天然水が配達される際に空ボトルを持ち帰ってもらえるのでボトルの処理が楽ですが、宅配でのお届けでは空ボトルを持ち帰ってもらえないため各家庭で処理する必要があります。

ボトルは大きさがあるので、ペットボトルのように簡単に手で潰せないため足で踏んで潰すことになるかと思いますが、足で潰すとそれなりの音もするのでそれもデメリットと感じる人も少なくないでしょう。

○サーバーデザインが少ない

信濃湧水のウォーターサーバーは2種類のみで、カラーもホワイト1色だけです。

サーバーレンタル料が0円~300円、天然水の料金が1500円という他社ウォーターサーバーと比較し圧倒的に格安であることを考えると仕方のないことなのかもしれません。

しかし、他社ウォーターサーバーではサーバー種類やカラーなども多く出されており、お部屋やお店のインテリアに合わせたウォーターサーバーを選ぶことができることを考えると、インテリアにこだわりがある人には得にデメリットと感じるでしょう。

ただ、スッキリとした清潔感のあるデザインですので「お部屋の雰囲気に凄く馴染まなかった…」という失敗は少ないかと思います。

○ボトル交換が大変

信濃湧水のウォーターサーバーのタンクはサーバー上部に設置されています。

サーバー本体の高さは1mほどですので、約12㎏ほどのウォーターボトルを持ち上げるのは女性や高齢者の方には負担に感じるでしょう。

ウォーターサーバー上部にボトルを設置するタイプを使用している方は「ボトル交換は夫にお願いしている」という人も多いですが、お水が無くなったときに毎回ボトル交換をしてくれる人がいるとは限りませんよね。

そのため、「ボトル交換が心配」という方は足元にボトルを設置するタイプのウォーターサーバーや、工事が必要になりますが、ボトル交換の手間がない水道直結タイプを選ぶ方が使いやすく感じるかもしれません。

○最低注文水が多い

信濃湧水は、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の一部の場合、1回の注文で2箱以上注文する必要がります。

1箱に2本入っているので合計4本を注文する必要があり、全部で45Lとなればひとり暮らし世帯など家族の人数によっては消費が難しい場合もありますよね。

料理などにも天然水を使えば消費できる量ではありますが、あまり料理をしない人やひとり暮らしの場合は最低注文数が多くなってしまうというデメリットとなるでしょう。

ただ、信濃湧水は定期配送ではないので注文をしない限り勝手にお水が送られてくることがないため、ボトルストックが溜まっていくことはありません。

信濃湧水の賞味期限は、未開封ならボトル製造日より1年ですので焦って飲み切る必要もありませんので自分のペースでお水を飲むことが可能です。

全機種(料金プラン)を比較!ボトル代と電気代はいくら?

信濃湧水ウォーターサーバーの料金プランと電気代は以下の通りです。

機種 サーバーレンタル料金/月 電気代/月
エコサーバー 300円 約472円
スタンダードサーバー 0円 約800円

「エコサーバー」は、最大48%の省エネプラス最新機能を備えたサーバーのため、スタンダートサーバーと比較すると約35%も消費電力をカットできます。

ただし、サーバーレンタル料で月額300円が発生します。

ただ、他社ウォーターサーバーの月額レンタル料金は1,000円~というところも多く、レンタル料金はかなり安いと言えます。

「サーバーレンタル料金をかけたくない」という場合は、スタンダードサーバーを選択するとサーバーレンタル料金が0円ですが、電気代がエコサーバーよりも高くなってしまうため総合的に判断するとエコサーバーの方が出費を抑えることができるでしょう。

次にボトル代(お水代)を見ていきましょう。

信濃湧水の天然水は3ガロン(11.4L)で、料金は1本1,500円です。

定期注文ではなく、お水が無くなったときに注文する仕組みになっているので「飲み切る前にお水がどんどん届くからストックが溜まってきた…」ということを防げます。

また、信濃湧水のお水の価格は業界最安値!

500mlあたり約65円で美味しくて安全なお水が飲めると思うとお得ですよね!

ちなみに他社ウォーターサーバーの天然水の価格は、同じ量で1,800円~1,900円ほど、500mlで79~81円が平均です。

ただし、信濃湧水は直近3ヶ月間の購入本数が2箱(4本)未満の場合は事務手料として月額800円がかかるため注意が必要です。

初期費用・配送料・定期メンテナンス料・サーバー代が0円

信濃湧水ではサーバー設置費用や事務手数料がかかりませんので、初期費用は0円です。

また、無料で定期メンテナンスも行っており、エコサーバーは自動クリーン機能が搭載されているため、メンテナンスは4年に1回、スタンダードサーバーは2年に1回の頻度です。

さらに、メンテナンスではサーバーを無料でまるごと交換してもらえます。

サーバーの内部など見た目でわからないこともあるため、無料でまるごとサーバーを交換してもらえるのは長く使うのであれば安心できますよね。

最新のキャンペーン情報まとめ|1箱無料サービス中!

【新規申し込みキャンペーン】
新規ご契約の方限定のキャンペーンです。
特典:信濃水源1箱(2本入)プレゼント

【「My TOELL」からボトル注文でQUOカードプレゼント】
「My TOELL」からボトル注文をした方限定のキャンペーンです。
特典:抽選で2,000名様にデジタルQUOカード500円分プレゼント
期間(1回目):2021年1月19日~2月28日までに「My TOELL」からボトル注文をした方
期間(2回目):2021年3月1日~4月30日までに「My TOELL」からボトル注文をした方