うるのん 口コミ・評判|双子cmで話題のサーバーを徹底調査!

 

TOKAIの『うるのん』って?仕組みや料金体系など

ブランド(運営会社) うるのん(株式会社TOKAI -ザ・トーカイ-)
特徴 天然水・機能性、デザイン性が高い・使い捨てボトル
各種サーバーと機能 ①ウォーターサーバーGrande

サイズ(床置きタイプ):横270×奥347×高1032(mm)(ボトル装着時の高さ:1,319)

カラー(床置きタイプ):ブラック / ブルー / ピンク / ホワイト

サイズ(卓上タイプ):横270×奥360×高568(mm)(ボトル装着時の高さ:855)

カラー:ブラック

温度:冷水4~12℃ 温水80℃~90℃

最大連続抽出量:冷水:約1.3L・温水約1.3L

メンテナンス:6年に1回無料で定期交換

機能:エコモード(温水・冷水)・ライトセンサー・チャイルドロック・パネルボタンロック・内部クリーン機能

②高機能スタイリッシュサーバー

サイズ(床置きタイプ):横364×奥405×高1360(mm)

カラー:ブラック・ホワイト

温度:冷水:4~12℃温水(HOTモード)/80~90℃(ECOモード)65~77℃

最大抽出量:冷水約1.2L・温水約1.3L

メンテナンス:6年に1度無料で定期交換

機能:エコモード(温水)ライトセンサー・再加熱機能・チャイルドロック・パネルボタンロック・内部クリーン機能・転倒時自動OFF

③スタイリッシュサーバー

サイズ(床置きタイプ):横364×奥405×高1032 (mm)(ボトル装着時の高さ:1,360)

カラー:ホワイト・ブラック

温度:冷水4~12℃ 温水80~90℃

最大連続抽出量:冷水1.2L 温水1.3L

メンテナンス:3年に1回無料で定期交換

機能:エコモード(温水・冷水)ライトセンサー・再加熱機能・チャイルドロック・パネルボタンロック・内部クリーン機能・転倒時自動OFF

④スタンダードサーバー

サイズ(床置きタイプ):横326×奥353×高1032(mm)(ボトル装着時の高さ:1,333)

カラー:ブルー

最大連続抽出量:冷水1.3L 温水1.3L

メンテナンス:3年に1回無料で定期交換

機能:チャイルドロック

初期費用~その他費用 初期費用はサーバーレンタル料金+天然水+お住まいの地域によって配送料がかかります。

【サーバーレンタル料】

①ウォーターサーバーGrande…300円/月

②高機能スタイリッシュサーバー…300円/月

③スタイリッシュサーバー…0円

④スタンダードサーバー…0円

【天然水料金】

3,797円:1本1,898円×2本

※初期費用のサーバーレンタル代は日割りになります。

【配送料】

北海道580円/本・北東北250円/本・南東北200円/本・

業務提携先対象エリア0円

関東~関西150円/本・中国・四国・九州200円/本・沖縄1580円/本

うるうるプラン 「うるうるプラン」は、3年間継続契約で申し込むとウォーターボトル料金が100円引きになるプランです。

富士の天然水「さらり」通常料金:1本1,898円→1本1,806円

(申し込み条件)

3年間契約可能な方

TLCカード申し込み(法人は対象外)

※3年未満で解約をした場合はサーバー返却手数料15,000円がかかります。

解約(違約金や撤去費用など)
  • 通常プラン(2年契約):違約金11,000円
  • 「うるうるプラン」(3年契約):違約金16,500円

※契約期間を過ぎている場合は解約金はかかりません。

※料金は税抜表示

全機種(料金プラン)を比較!ボトル代と電気代はいくら?

各ウォーターサーバー、ボトル代は以下の表の通りです。

機種 サーバーレンタル料金/月
ウォーターサーバーGrande 300円
高機能スタイリッシュサーバー 300円
スタイリッシュサーバー 0円
スタンダードサーバー 0円

電気代は通常使用時で755円。エコモード使用時513円/月(ウォーターサーバーGrandeの場合)となっており、電気ポットの電気代平均が月約700円程度ですのでウォーターサーバーを置いておくほうが節電出来ることが分かりますね。

また、Grandeと高機能スタイリッシュサーバーはサーバーレンタル料金が月に300円かかりますが、他社ウォーターサーバーではサーバーレンタル料金が1000円~というところも多いため、うるのんはかなりリーズナブルと言えるのではないでしょうか。

次に、ボトル代(天然水の料金)を見てみましょう!

うるのんの天然水の料金は1本(12L)が1,898円。

1ヶ月のボトルのノルマは2本(24L)ですので、最低でもボトル代で月に3,797円がかかります。

SNSなどネットの口コミ評判【富士の天然水の味は?】

https://www.instagram.com/p/B8vXj5ApGTa/?utm_source=ig_web_copy_link

ウォーターサーバーはシンプルでお部屋に馴染みやすいデザインです。

タッチパネルなので操作は片手で簡単に出来るだけでなく見た目も良い!

サイズはA4用紙2枚分ほどなのでちょっとした隙間に置くこともでき場所を取らないのがいいですね。

https://www.instagram.com/p/CEyXOMClIZc/?utm_source=ig_web_copy_link

うるのんの天然水は「お水が冷たくて美味しい」「さらっとした飲みやすさがある」という口コミが多くみられました。

お水を飲む習慣をつけることは健康維持にも美容にもいいと言われています。毎日お水を飲むのならより美味しいお水を飲みたいですよね。

また、美味しいお水で料理をするといつもの料理が何ランクもアップしますよ!

https://www.instagram.com/p/BzS-et9BxdM/?utm_source=ig_web_copy_link

カラーバリエーションが多いのは嬉しいですよね。

カラーも上品な色なのでインテリアに馴染みやすい!

また常にサーバー内の衛生状態を清潔に保つクリーン機能が搭載されていたり、明るさを検知し自動で省エネモードに切り替え電気代を節約してくれるとい賢さも嬉しいです。

https://www.instagram.com/p/Bukg2feDYKn/?utm_source=ig_web_copy_link

毎日使うものなので、デザイン性ももちろん大切ですが何より大切なのは使い勝手の良さと水が美味しいかどうかではないでしょうか。

小さな子供がいる家庭ほどウォーターサーバーはおすすめですが、小さな子供がいると火傷やイタズラの心配もありますよね。

うるのんのウォーターサーバーは2重のチャイルドロック機能が搭載されているため安全面は問題なし!

そしてチャイルドロック解除も片手で操作できるので大人は使いやすい!といういいとこ取りをしています。

メリット・デメリット

メリット ・天然水が美味しい

・使い捨てボトルで後処理が楽

・小さな子供がいても安心&安全

・サーバーがおしゃれ

デメリット ・ノルマが厳しい

・地域によって配送料が割高

・ボトル交換が大変

 

メリットについて

○天然水が美味しい

うるのんのお水は「富士の天然水 さらり」という天然水で、「美味しい!」と感じる人が多いです。

「富士の天然水 さらり」は、2020年にモンドセレクション最高金賞を受賞。

さらに水の美味しさを審査、評価する2020年度ITH(国際味覚審査機構)では優秀味覚賞(三ツ星)を受賞しており、いかに美味しい天然水かがわかりますね。

また、「富士の天然水 さらり」が作られている工場は静岡県の最新設備が揃えられたプラントで、検査室は理化学検査が行えるほど最高水準のクリーンルームです。

月に一回放射性物質、品質の検査と検査結果を公開しており検査周期も他社メーカーよりも早く、衛生的で安全な水であることも証明されています。

そのため、「さらりとした飲みやすいお水が好き」「世界的にも高く評価されているお水を飲みたい」という人に、うるのんのは向いていると言えます。

○使い捨てボトルで後処理が楽

ウォーターサーバーのボトルはお水が無くなったらガロンボトルをリサイクして使うため、次回配送時などに空ボトルを返却するタイプと、ワンウェイボトル(使い捨て)があります。

うるのんのボトルはワンウェイボトルなのでお水が無くなったら捨ててOK!

ボトルを返却しなくてはならないタイプのウォーターサーバーを利用したことがある人なら分かるかと思いますが、空ボトルって結構場所を取るんですよね。

空なので重たくはないのですが、12Lの水が入る大きさなので結構大きくて邪魔…

家族が多ければ注文するボトル数も多くなり、そのぶん空ボトルに場所を取られます。

しかし、ワンウェイボトルなら無くなったら捨てるだけですし、ボトルはお水がなくなると自然に潰れていくので処理も楽!さらに自然とボトルが潰れていくことで残った天然水に空気が入りにくくなるので最後まで美味しく飲めます。

○小さな子供がいても安心&安全

他社ウォーターサーバーにもチャイルドロック機能は搭載されていますが、チャイルドロックの解除方法がレバーを押し込むだけ…などの簡易的なタイプであれば、子供は大人の行動を見て解除方法を覚えているので意外とすぐ突破されます。

そこで、うるのんのウォーターサーバーでは2重のチャイルドロック機能を搭載!

意外と2重のチャイルドロック機能搭載って少ないですし、2重ロックをかけることでチャイルドロックをいつの間にか解除される可能性も低く、小さな子供がいてもイタズラ防止と火傷予防ができ安心して設置できます。

うるのんのウォーターサーバーのチャイルドロック解除方法は以下の通りです。

  • 温水…操作パネルの「温水」を3秒長押し→ランプが点灯したら点灯している間に「温水注水ボタン」を押します。(ランプの点滅は5秒以上経過すると自動でロックがかかります)
  • 冷水…操作パネルの「冷水」を1回タッチ→ランプが点灯したら点灯している間に「冷水注水ボタン」を押します。

そして2つ目のロック機能「安心キーロック機能」はウォーターサーバーを使わない時は「温水」と「冷水」ボタンを同時に5秒押すことで全部のボタンがロックされます。

操作自体は簡単ですので、大人が使う際は片手でロック解除ができますが小さな子供には解除が難しくなっています。

○サーバーがおしゃれで高機能

うるのんのサーバーは「おしゃれ!」と評価が高く、「お水の値段は他社とそれほど変わらないのでサーバーデザインを見てうるのんを選んだ」という人も多いです。

「ウォーターサーバーGrande」の場合、カラーはピンク、ブルー、ブラック、ホワイトとカラーバリエーションも豊富です。

お部屋やお店のイメージに合わせてサーバーを選ぶことができるので「なんかサーバーだけ部屋のインテリアに合ってない…」という失敗をを避けられます。

また、床置きタイプと卓上タイプも選べるため「部屋が狭くてウォーターサーバーを置く場所がない…」という場合は、卓上タイプがおすすめです。

「高機能スタイリッシュサーバー」の場合は、カラーはブラックとホワイトの2色ですが高級感のあるデザインで高機能!

内部クリーン機能が搭載されていてこの機能によりウォーターサーバー内の冷水タンクに温水を循環させ殺菌を行っているため、内部はいつも衛生的ですし、注水口は水が溜まりにくく設計されているため雑菌の繁殖を防ぐことができます。

「スタイリッシュサーバー」は、ドラマにも多数登場しているサーバーですので、「おしゃれなサーバーがいい!」という人におすすめです。

 

デメリットについて

○ノルマが厳しい

うるのんの配送ノルマは月24L(月2本)です。他社メーカーを比較してみると

メーカー ノルマ
コスモスウォーター 24L/月
プレミアムウォーター 24L/月
フレシャス 16.8L~28.8L/月(機種による)
アクアクララ なし
サントリー天然水 23.4L/月
ワンウェイウォーター 36L/月

となっており、うるのんが特別ノルマが厳しいということはありません。

ただ、不在にしていたりお水を飲む回数が少なかった月などがあるとボトルが溜まってくることがありますよね。

ボトルが溜まってきた場合は配送を一時停止することが可能なのですが、うるのんの場合無料で配送をストップできるのは年に2回までです。

他社メーカーは以下の通りです。

メーカー 配送ストップ
コスモスウォーター 2ヶ月に1回まで
プレミアムウォーター 2ヶ月に1回まで
フレシャス 2ヶ月に1回まで
アクアクララ ノルマなし
サントリー天然水 2ヶ月に1回まで
ワンウェイウォーター 2ヶ月に1回まで

このようになっており他社メーカーと比較すると厳しく感じます。

ちなみにうるのんの配送ペースは以下の通りです。

  1. 2週間で2本
  2. 3週間で2本
  3. 4週間で2本

また、年3回以上配送ストップをする場合は1,000円の事務手数料が発生するためひとり暮らしなど水が余りやすい人にはデメリットに感じるでしょう。

○地域によっては配送料が割高になる

うるのんは地域によって配送料が異なり、一番高い配送料は沖縄県の1,738円、次に北海道の638円です。

特に沖縄に関しては配送料が天然水1本分の料金と変わらないため、沖縄と北海道にお住まいの人にはデメリットと言えるでしょう。

○ボトル交換が大変

うるのんのウォーターサーバーだけに限ったことではありませんが、ウォーターボトルがサーバー上部に設置されている場合、ボトル交換時にボトルを持ち上げる必要があります。

12Lのボトルの重さはは約12Kg 。持てない重さではないものの女性や高齢者にとってなかなかの重労働となります。

足元ボトルであれば持ち上げる必要がないので楽ですが、足元にボトルがあると衛生面に問題が生じます。

衛生面を考えるとボトルが上部にある方がいいですし、うるのんのウォーターサーバーの方が他社よりも圧倒的に優れていますが、女性のひとり暮らしや高齢者の方はボトル交換が大変というデメリットがあることを覚えておきましょう。

うるのん with ロハスイというサーバーについて

「LOHASTYLE」が提供する「LOHASUI」は、富士山の自然に囲まれた標高1,000Mの採取地で、地下273Mから汲み上げられた最高品質の富士山の水で、まろやかで甘味のある味わいが特徴です。

ウォーターサーバーはスタイリッシュなデザインが人気です。

【サーバー】

①LOHASUI evo

サーバーレンタル料:1,000円

サイズ:高1,020mm×横260mm×奥335mm(ボトルカバー装着時:高1,240mm)

カラー:スカイグレー・メタリックブラック

ボトル容量:9.3L(1本)お届けは2本1セット

温度:温水80℃~90℃・冷水4℃~10℃

タンク容量:冷水1.5L・温水1.5L

機能:スリープモード

②LOHASUI BASIC

サーバーレンタル料:無料

サイズ:ロングタイプ幅:300mm/奥行:330mm/高さ:1280mm/ショートタイプ:幅:300mm/奥行:340mm/高さ:825mm

カラー:ガンメタリック・ウォームホワイト

温度:温水 80~90℃・冷水 3.5~8.0℃

タンク容量:(ロングタイプ)冷水3.8L/温水1.8L(ショートタイプ)冷水3.8L/温水1.5L

機能:スリープモード

「LOHASUI evo」「LOHASUI BASIC」ともサーバー正面の光センサーで部屋の明るさに合わせて自動で節電します。
sleepモードをONにすると温水を使用しない間は節電し、電気代をカットします。

【ボトル代】

天然水:LOHASUI(9.3L)2本3,422円(1本1,711円)(※一回の配送は2本単位)

配送:無料

ボトルは使い捨てタイプなので空ボトルを保管する必要はなく、ボトルは使うたびに縮むので外気が入りにくく美味しさを保てます。

また、ボトルのサイズは9.3L。通常のボトルサイズは12L ですのでボトル交換時に大変ですが9.3Lボトルなので持ちやすく女性から人気のサイズです。

【解約料・その他費用】

初回事務手数料:3,000円

違約金:契約後3年未満で解約した場合サーバー取引手数料で9,000円が発生します。

ロハスイのサーバーはスタイリッシュでシンプルなデザインですので、比較的どの部屋やお店にも馴染みやすくとにかくスリム!

そのため「ウォーターサーバーを置きたいけれどサーバーで場所を取られるのはいや…」という人におすすめです。

見逃せない!最新のキャンペーン(乗り換えやボトルプレゼント)

【WEB限定 新規ご契約キャンペーン】
WEBから新規申し込みをすると以下の特典があります。

  1. 富士の天然水「さらり」 12L×2本無料
  2. WEBページから申し込みでウォーターサーバーレンタル代(月330円)12ヶ月無料

【乗り換えキャンペーン】

他社からうるのんのウォーターサーバーへ乗り換えると、最大15,000円分の他社の違約金・解約金をキャッシュバックまたはウォーターボトル2本、3,796円分無料となるキャンペーンです。

※違約金が発生しない場合はウォーターボトル2本になります。

(条件)

  • 3ヶ月以内に旧契約先を解約している。
  • 旧契約先の契約状況が分かる書類を提出できる。

【うるのん すくすくキャンペーン】

妊娠中または3歳以下のお子さんのいる家庭対象のキャンペーンです。WEBから新規申し込みをすると以下の特典があります。

  • 富士の天然水「さらり」を4本プレゼント
  • カタログギフトプレゼント